2005年02月23日

感じない男/森岡正博

自己の体験をもとにセクシュアリティ論について赤裸々に語った本。大学教授なのに自分が「ミニスカ好き」で「制服好き」で「ロリコン」だったことを告白し、なぜそうなるに至ったかの分析まで行っている。当人はかなり悩んでおり真面目に書いているのだろうが、ところどころ吹き出しそうになってしまった(失敬)

結論は我田引水というかちょっとこじつけっぽいなぁと思ったが、途中の現状分析なんかはかなり分かりやすく、的確なのではないかと思ったり。興味がある方はそれほど時間がかからないのでぜひご一読ください。あ、もし買うのがなんだったらお貸ししますよ(笑)

しかし、「ミニスカ好き」で「制服好き」で「ロリコン」と書くと↓で買った「これが私の御主人様」の義貴みたいで嫌だなぁ(笑)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/every_pt/14887151
この記事へのトラックバック
ISBN:4480062211:detail >> 「無痛文明論」の著者が満を持して放つ、衝撃のセクシュアリティ論。ロリコン、制服、男の不感症という禁断のテーマに正面から挑んだ問題作。忽ち重版したみたいです。 > 「したがって、次のように正確に言い直さなければならない。すな
感じない男 内容と批評(2)【感じない男ブログ】at 2005年02月23日 00:15
「感じない男」  森岡 正博:著      ちくま新書/筑摩書房/2005.2.8/680円女も知りたい「男の秘密」!ロリコン、制服、男の不感症。自分を棚上げせず禁断のテーマに勇敢に挑む、衝撃のセクシュアリティ論。<帯より>いやあ、自分の性癖を語る、語る。
感じない男【月灯りの舞】at 2005年04月21日 11:49