2005年02月26日

第19話「見えない真実」 / 機動戦士ガンダムSEED DESTINY

「やっぱり、なんか・・・変わられましたよね?ラクスさん」

むしろ「変わったのはコイツだ!」とツッコミたくなったのは今週のレイ(笑)腐女子な方々は大喜びですねぇ。

再びミーアのコンサートが・・・この曲は絶対CDに入りますよね?そしてカラオケにもプリーズです(笑)

デュランダル議長の指摘はごもっとも。いわゆる軍産複合体こそ戦争の原因の一面であるってことですね。これって今までのガンダムシリーズでは言われてたことでしたっけ?宇宙世紀のガンダムでもアナハイム・エレクトロニクスは「戦争で儲けてる」と非難されることはあっても(これすら自信がないですが)戦争の黒幕って言われたことはないですよね。
今回の真の敵はそのロゴス(軍産複合体)って考えていいのかな。しかし、そのデュランダル議長はその敵を倒して、自分がその上に立ちたいという野心を持っている気も・・・なんか企んでるっぽいもんね。妙にアークエンジェルの行き先を気にしていたのも彼にとって真の脅威だからだろうなぁ。

ともあれミーアに迫られて、困った顔のザラ隊長萌え(ぉ (本当は姉に負けずにがんばるメイリンハァハァ(;´Д`))

今回もネタ満載の回だったなぁ。僕がこのアニメに求めてるものはソレなので全然構いませんけどね(笑)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/every_pt/15158567
この記事へのトラックバック
[第19話『見えない真実』の感想など]  あらすじを書く気はなかったけど、議長から語られるこの話の確信“見えない真実”が書きたくて、今回は特別にw感想の後に書いて見ました。ではまず、私なりのちょっと過激な感想を・・・ 今回は“ミーアに始まりミーアに終わる”で.
ガンダムSEED Destiny PHASE19【僕の中のバイキンマンが目を覚ます】at 2005年03月02日 15:50