2004年10月11日

またまた有力馬が出走できなそうな秋の天皇賞

JRAのG1の中でも秋の天皇賞は有力馬が集まるレースですが、今回は3歳馬の参戦もあることから、実績馬でも出走できないケースがありそうです。JRAのルールだと単純にこれまでの賞金順で出走が決まるわけではありません。今回ですと、東西の前哨戦で共に2着だったローエングリン、ゼンノロブロイの出走が微妙のようです。また議論を呼びそうな話ですね・・・万人が納得できるようなルールってのはないんでしょうけど。

《3歳以降GI制覇&過去1年内重賞制覇》
ウインジェネラーレ 58 蛯名
キングカメハメハ 56 安藤
サクラプレジデント 58 −
シルクフェイマス 58 四位
スーパージーン 58 中舘
ダイタクバートラム 58 小牧太
ダイワメジャー 56 柴田善
ダンスインザムード 54 武豊
ダンツジャッジ 58 −
チャクラ 58 後藤
ツルマルボーイ 58 −
テレグノシス 58 勝浦
トーセンダンディ 58 −
ナムラサンクス 58 渡辺
ナリタセンチュリー 58 田島
ヒシミラクル 58 角田
プリサイスマシーン 58 −
マイソールサウンド 58 本田
マイネルアムンゼン 58 大西
メイショウカイドウ 58 −
リンカーン 58 −

《過去1年間重賞未勝利》
ヴィータローザ 58 幸
シェルゲーム 56 北村宏
ゼンノロブロイ 58 岡部
バランスオブゲーム 58 田中勝
ファストタテヤマ 58 安田
ローエングリン 58 横山典


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
 さっき、サラブレを読んでたら、秋の天皇賞の予想が書いてありました。そんな中で、現役オープン馬で一番好きなツルマルボーイはノーマークでした。悲しいね、自分の弟が否定されたような気分だよ。  と、いうわけで、今回はツルマルボーイ(以下、ツルマル)と自分の縁.
ツルマルボーイ応援団長【HORSE WAR】at 2004年10月14日 08:23