2004年11月02日

アメリカ大統領選挙

また更新ペースが落ちましたが、気になる話題なのでひとつ。

日本最大の盟友(と自分達だけが思ってる)アメリカのリーダーが決まる日、それが今日(日本時間では明日)です。膨らむ赤字、増加する失業率、混迷を極めるイラク情勢・・・そんな状況でもアメリカでは現職のブッシュが有利だと言うのだから、言葉がないです。

一方、日本ですが、保護主義色の強い民主党候補であるケリーが勝つと日本の国益にはマイナスだという声もありますが、それは一面的な見方だと思います。逆にここでアメリカから突き放されることにより、アメリカ追従外交からヨーロッパ、アジアとのパイプを強めて、マルチプルな外交政策に変化することができるチャンスと見るべきだと思います。このまま、あのテキサスのマッチョオヤジのジャイアン外交につきあうことこそ、国際社会での日本の地位を貶め、1世紀単位での禍根となる気がするんですけどね・・・

とはいえ、ケリーはやっぱり厳しそうだなぁ。心情的にはリベラルが多いはずのアメリカ人の良心に期待するしかないですね・・・。

ちなみにケリーに決まったら、ブッシュを応援してしまった我が国の首脳陣はどうするんでしょうかね(苦笑)

この記事へのトラックバックURL