2005年04月12日

ハチミツとクローバー(7)/羽海野チカ

最新刊まで読了。やばい・・・やばいくらいツボに入ってしまったっす!!

後半の竹本くんの話には涙が出そうでしたよ・・・。あんないい表情ができるなんて、本当に素敵なことだと思います。それだけの経験をしたってことなんだよなぁ・・・

さぁ、もっかい1巻から読み直そう〜^^  

Posted by every_pt at 00:19Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月07日

ハチミツとクローバー(1)〜(5)/羽海野チカ

アニメ化を前にして、友達にも薦められたので、ただいま単行本を読んでいます。

読んでいますが・・・これ最高にいいです!!くろ。さんが言っていたようにまさに「すっぱくて恥ずかしくて、そしてせつなく哀しくキレイなお話」ですね。それでいて、ちゃんとギャグもあって笑わせてくれる。全てにバランスが取れてる作品といっても過言ではないですよ。特に「切なさ」は心にしみます。今日電車の中で4巻の山田の話を読んでいて、涙が出そうになりました。

切ないけど、やっぱり恋っていいなぁ

と、思わせてくれる作品です。(って、ちょっとハズイですが)

ちなみにお気に入りのキャラは、山田と竹本くん。どっちもとてもイイ子なだけにとても切ないんですよねぇ・・・。特に共感するのは竹本くんの方かな。自分のことを「いなくてもどってことない人間」とか思わないでほしいです(その気持ちも理解できるんですけどね・・・)

まだ5巻の途中までしか読んでいないのでこれからが楽しみです!ほんと、こういう話に出会えるからマンガを読むのをやめられないんですよね^^  
Posted by every_pt at 00:10Comments(0)TrackBack(0)

第173話「end of hypnosis 5[Standing to Defend You]/BLEACH

「彼女は僕無しでは生きられない。そういう風に仕込んだ」

っておい!!貴様っ、何しやがったんだぁぁぁ!!!

とかマジに思ってしまった、自分はイタイですか。そうですか。つーか、なんかエロすぎっすよ、そのセリフ(笑)

今回は恋次がかっこよかったですね。アノ時のような後悔はもうしたくない。だから、命を賭して意地を張りつづけたわけです。そして、もう最後かっ!というところに出てくる一護。またセリフがかっこいいっすね。ほんとこういうセンスがいいなぁ、この作者は。
mixiのコミュをみていると、藍染の本当の狙いはルキアじゃなくて、一護の虚化だという予想があって、なるほどと思わされました。確かにそういうのはアリですよねぇ。ルキアの命が狙いとかでは絶対ないような気がするなぁ。
  
Posted by every_pt at 00:10Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月30日

第172話「end of hypnosis 4[Prisoners in Paradise]/BLEACH

今、一番気になるコミックがこのBleachです。ぶっちゃけ最初は全然面白くないと思ってたんですよね。まさか、ここまではまるとは思わなかった。オサレ系ドラゴンボールと日々小馬鹿にしたことを言ってますが、好きな人間の照れ隠しなだけです、はい(笑)

さて、ここからはネタバレ全開なので、アニメ派、単行本派の方は飛ばしていただきたく。

「仕様のない子だ。二度は訊き返すなよ。朽木ルキアを置いて、退がれと言ったんだ・・・阿散井くん」

再び双極前に飛ばされた恋次とルキア、そしてその前に立つ隊長3人。すっかり悪人面が似合うようになった藍染がすごみます。

うーん、この前、日番谷を一閃したときの「強い言葉を遣うなよ、弱く見えるぞ」と悪役っぷりが映えるセリフがいいですね。さすがオサレ系(ry

桃たんハァハァ(;´Д`) で、日番谷LOVEな自分としては卯ノ花隊長の「救命措置に入ります」という言葉に救われました。これで一安心でしょう(多分)。

そして勇音姉さんの「天挺空羅」により、藍染らの行動が主要メンバーに知れわたることになりました。これによりそれぞれがどう動くのか。普通に考えれば、一斉に反逆者打倒に動くんでしょうけど、元々一枚岩でもない隊長らですから、どうなるかわかりません。そもそも山じい、マユリあたりは藍染らとつながっている可能性もあるしなぁ。剣八はただただ一護と戦いたいだけだしね。

一護がルキアのところにたどり着く前にまた誰かとの一戦がありそう。そしてまずは恋次と藍染の戦いですね。善戦空しくも・・・ってパターンが既に予想されてますが(汗)

ともあれ、藍染の狙いは何なのか。貴族たちへの恨みだったら、ルキアごときを狙うわけもないし、ルキアに隠された力があるとかいうことなのかな。でもそんな伏線もないしね・・・うーん、やっぱり分からないです。
  
Posted by every_pt at 00:17Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月18日

早売りジャンプ(BLEACHのネタばれあり注意!!)

BLEACHのネタバレがあるので少し改行しておきます。



















天才児の卍解があっさり打ち破られるなんて一体どんな強さなんだ、藍染は・・・。まあ、日番谷も雛森たんのことで逆上していた分、隙があったのかもしれないが・・・。

前回での雛森といい、今回の日番谷といい、倒れている目が死んでいるかのようなのがいやな感じです。実はBLEACHってリアルの進行上で死んだキャラってこれまでほとんどいないんですよね(過去の回想とかではバンバン死んでますが)。だから少しだけ期待はしていたのですが・・・やっぱりダメかなぁ。もし死んじゃってたら本当に悲しいです(涙)。
唯一の希望は治癒の得意な卯ノ花隊長が清浄塔居林にやってきたことでしょうか。がんばって二人を治してあげてください・・・。

そして、まだ藍染派の隊長が一人。まさか「正義」みたいなことを語っていた東仙までも・・・しかし、あの振る舞いはただのフェイクではない気もしますね。というよりは何らかの信念を持って、藍染についているので、彼はやっぱり「正義」を信じていそう。もしかしたら、憧れの人が死んだのは死神のせいだと考えて、その恨みを・・・ってことなのかもしれないけど。

さて、恋次とルキアがふりだしの地点に戻らされてしまったところで今回の話は終了しています。恋次ひとりじゃ隊長3人には勝てないでしょうね。ここでようやく一護たちの登場かな?それと異変に気づいた超人じじいと、京楽・浮竹コンビがやってくるというのも考えられるかも。

どうあれ、また山場が近づいているようですね。ああ、それにしても日番谷・・・_| ̄|○

あとは4月0A分からアニメのOPとEDが変わるようですね。OPは5人組のバンドのUVERworld、EDは韓国の歌姫ユンナというメンツです。どっちもよう知らんのでなんともいえませんね。

それとDEATH NOTEはただいまお休み中ですが、大場さんのインタビューがあって、なかなか面白かったです。新キャラのメロとニアのラフスケッチもあったりで、なかなか読みごたえのある特集でした。  
Posted by every_pt at 00:49Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月14日

早売りジャンプを読んで・・・

いや、もう、ほんとに、勘弁してください・・・_| ̄|○  
Posted by every_pt at 00:41Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月07日

今日のジャンプ

気づくとジャンプを買って読むようになってます。これも全部BleachとDeath Noteのせいだー(笑)

そして、そのBleach・・・いや、もうマジ泣きしそうなんですけど・・・見ててすごい辛いっす。僕のいいんちょがー(違う)
  
Posted by every_pt at 22:10Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月04日

BLEACH(16)/久保帯人

男性キャラでは一番好きな日番谷くんが表紙。普段こういうキャラってあんまり好きにならないはずなんですけどね、なんでだろう・・・

と、考えた結果出た結論ですが、キーは幼なじみ?の雛森ちゃんだったのです。この子はかわいくてとても真面目で素直な子です。そして真面目だからこそ、不器用なのです。

誰かに似てませんか?そう、委員ちょです!!あー、はいはい、そこひかないひかない(笑)

でも、よくよく考えるとキャラがかぶるんですよね。そして、その雛森ちゃんのことを好きというわけではないけど、守りたいと思っている日番谷くん。それなのにあんな目に合うなんて・・・というあたりに妙な共感を持ったんだろうなぁと思いました。

痛い自己分析ですみません(笑)  
Posted by every_pt at 00:05Comments(5)TrackBack(0)

2004年11月26日

ヨイコノミライ! (2)/きづきあきら

4deccc4f.jpgまったりオタライフを描いたのが「げんしけん」なら、こっちはギスギスオタライフを描いた作品です。

現視研同様にこちらに出てくるマン研のメンバーもダメ人間ぞろいなんですが、前者は「いやぁ、君たちってダメだよね(笑)」と笑いとばせるのに対して、後者はそんなことをしたら刺されそうな勢いです(ぉ

ただどっちかといえば後者が現実なのかなぁという気もしますね。僕自身は高校・大学とそうしたオタサークルにいたわけではないのでなんともいえませんが、やっぱりげんしけんはある種のオタにとってのユートピアを体現したものなんだろうなぁと思ってますし。

ただこのコミックがつまらないということではなく、だからこそのギリギリ感があって面白いです。たぶん自分も高校時代だったら、こうだったんじゃないかなぁと思いつつ、どうしてそういう人が集まるのかという普段から思っている素朴な疑問に思いをはせたりもしていました。  
Posted by every_pt at 01:47Comments(0)TrackBack(0)

げんしけん(5) / 木尾士目

4bf3f554.jpgいやー、やばいね。萩上かわいいじゃないっすか!(笑)やっぱりあれだ。素直になれない子ってのはどうもツボらしいですね。これもツンデレなんでしょうか?

また思わず飛び降りちゃおうとするところとかー
これ見よがしに絵を書いてるところとかー
コミフェスに参加することになって、すごーいとか思ってるとことかー
自分が描きますよとか提案してるところとかー


このあたりが萌えました(笑)ベタですが、個人的にはササヤンとのラブコメモードが見てみたいですね。

テレビの方は萩上登場まではいかないんだろうけど、ここで思わずCVを想定しちゃうところがヲタクなんですな・・・誰がいいかなぁ(笑)  
Posted by every_pt at 00:52Comments(0)TrackBack(0)