2005年04月28日

痴漢男/板野住人

「『電車男』を超えた、2ちゃんねる発のラブストーリー」

というキャプションのこの本。タイトルだけみるとあやしすぎですね。話は簡単に言うと、ややひきこもり気味のアニオタ大学生が夜道で痴漢に間違えられるところから始まる恋愛物語です。そんな彼が

「電車男」とどっちが感動したかという単純比較ならあちらに軍配があがるんですけど、主人公の行動の一貫性のなさというか振りまわされっぷりはこちらの方が堪能できます(笑)しかし、こいつには全く共感できないなぁ。

お前はどうしてガンダムSEEDデスティニーと女の子を天秤にかけると前者が勝つのかと(苦笑)

ただ主にこういうところが共感できないわけではなく(笑)、あまりにも自分自身に正直なために、すぐに流されやすそうになったりするあたりに、ストレートな共感を持ちにくいということであって、それはある意味近親憎悪みたいなものなのかもしれません(笑)
しかし、時折見せる好きな人への思いを貫く姿勢は目を瞠るものがありますね(僕だったら流されちゃうよ、あれは) そういう彼だからこそスレの人々も最後までおつき合いしたんでしょうね。

こうしたウェブからの書籍化の流れってのは止まらなそうですね。ただどうしても「電車男」を抜くものっては当分出てこないんでしょうね。あれはたとえフィクションであって、よい出来でした。フィクションかどうかが問題なのではなく、そのコンテンツにどれだけ人をひきつける魅力があるかが大事なのでしょう。だからウェブからの書籍化に価値があると勘違いした駄作が溢れたときにこのブームは終わると思っています。

ちなみに単純にこの本を人に薦めるかというとそれほどではないかな(笑)お暇な方はどうぞというレベルで。  

Posted by every_pt at 14:23Comments(0)TrackBack(0)

2004年08月31日

ゼウスガーデン衰亡史 / 小林恭二

0995b891.jpg東京の片隅に出来た「下高井戸オリンピック遊戯場」。それがいつしか「ゼウスガーデン」となり、それが日本を支配する存在になっていき、そして繁栄を謳歌して、衰亡していく様を描いた偽史長編が、この「ゼウスガーデン衰亡史」です。名前はどうみてもE・ギボンの「ローマ帝国衰亡史」から来てるんでしょうね。

この「ゼウスガーデン」は「快楽こそ素晴らしいもの!」と謳い、20世紀末から21世紀の日本で成長し、社会そのものを飲み込んでいきます。1987年という日本がバブルを謳歌しはじめた時代に書かれたものだけあって、当時はある意味日本の行く末を描くものだったのでしょうが、今は彼がその時思い描いた(もちろん真剣にではなく、パロディという意味で)形とは違った形で「快楽」が優先されている社会になっているような気がしますね。この本に出てくるようなアトラクションを作ったら実際に受けるだろうなぁと思ってしまうあたり、自分もその快楽に毒されているのかもしれませんが。

内容も「ないものをあったかように見せる」、この歴史描写は圧巻です。ちなみにもう10回以上読み返していますが、何度読んでも飽きません。登場人物もそれぞれに魅力的です(というか詳しい描写がなく、歴史書っぽい説明風なので、かえって想像力を掻き立てられる)。

実はこの作品、単行本が1987年、文庫化が1991年にされています。当時は福武書店(今のベネッセ)から出ていたようですが、今は再文庫化されてハルキ文庫から出ているようですね。そちらにはさらに書き下ろされた短編が入っているようなので、今探しています。大きい書店になかったので、中古屋を巡ってみようかなぁと画策中です。

銀英伝みたいな史書っぽい本が好きな方にはオススメかも。あ、当然あんなにまじめではありませんが(笑)  
Posted by every_pt at 00:14Comments(0)TrackBack(0)

2004年07月28日

おにいちゃん/おおつ やすたか

a4abd803.jpg先日、ジャケ買いをしたこちらの本ですが、これって一応18禁なんですね。amazonではそっちの方に入っていました。

内容は、ヒッキーなヲタ兄とブラコンの妹と幼なじみが巻き起こすラブコメ・・・ではなく、ヲタ兄の書く小説によって、トラブルに巻き込まれる妹と気づいたら百合っ気を出している幼なじみによるサスペンス・・・らしいです。

正直、絵はかわいくてツボなのですが、ストーリーはサスペンスという割にはやや底が浅くて、イマイチでしたね。妹などのキャラ描写は確かにかわいいのですが、オタキャラの描写が生々しすぎるのがマイナスポイントです(笑)

さくっと読めるので、妹キャラがいれば何でもオッケーで、絵が気に入った方はどうぞ。積極的に薦めはしませんが・・・。  
Posted by every_pt at 01:20Comments(2)TrackBack(0)